HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2023年度『受入』

  • 氏名:W.R. [ 中国 ]

  • 受入期間:2023年03月27日 ~ 2024年01月29日
  • 受入大学:甲南女子大学
  • 在籍大学:天津外国語大学


留学のきっかけ、目的

 2017年に大学に入学してから六年間日本語を勉強してきました。今は院生として日本語通訳に関する課題をしています。幼い頃から言語の勉強に趣味があって、ご縁で大学は日本語学科に入りました。学部時代、日中商品展覧会及び日中韓青少年運動会などの活動に通訳者として日本からのお客様や選手たちと交流し合ったことがあります。そして大学の日本語コーナーに参加して、日本人留学生と趣味を喋たり面白い個人ニュースをシェアしたりして、一緒に動物園にパンダを観たこともあります。もちろんどちらも取り替えられない楽しい思い出ですが、言葉の問題でコミュニケーションがうまくいかないこともあったので、さらに日本語の勉強を進めようと決心しました。大学院に進学してからは、日本語の精進を目指しながら、通訳における実用的な課題を研究するようになりました。また、日本語学に興味を持っていて、語用論に関連する分野での研究初期計画ができました。それで交換留学で日本に来た動機のひとつは、日本の図書館の資料を利用して、日本語の談話分析などの研究を行いたいことです。日本での一年間が実り多いものになるよう頑張ろうと思います。
 それに、日本への留学は私の念願でもありました。学部時代はコロナ禍で留学できなかったこと、M1の時は大学院の期間が短いので交換留学に期待できなかったことが悔やまれました。しかし、意外にもM2の初めの頃にこの貴重な機会をいただき、しばらく諦めていた夢が叶いました。「夢」と日本留学を呼ぶのは、実際に日本に行って体験することの大切さがわかるからです。長沙の某中学校で日本語趣味教室の教員を務めたことがあって、生徒に日本文化を紹介するコースがありましたが、私自身の知識もあくまで教科書やネット上の資料からまとめたものなので、自分が体験してから生き生きと伝えられる内容とは違うかもしれません。そこでその時、講義の内容をよく読み返して古びた部分を切り替えようと工夫を重ねました。それから、日系会社で日本語通訳を担当したこともあって、中国と日本のコミュニケーションスタイルの違いやそれに対応するスキルの必要性を深く理解することができました。日本語そのものを上達させるためにも、日本文化や日本人の考え方に触れるためにも、日本への留学は非常にありがたいことだと実感しています。
 卒業後は、日中間のビジネス交流に携わって、適切かつ効果的なコミュニケーションに役立てれば幸いだと思います。いずれにしても日本に留学することは私の人生の宝物です。この機会を大切にしたいと思います。

留学中の体験

留学の成果、将来の目標