HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2022年度『派遣』

  • 氏名:Y. R. [ 日本 ]

  • 受入期間:2022年10月17日 ~ 2023年07月24日
  • 受入大学:キール大学
  • 在籍大学:神戸大学


留学のきっかけ、目的

 私が留学を志すきっかけや目的は大きく分けて四つあります。
 第一に、小さい頃から洋楽が好きだったことが海外に興味を持つ最初のきっかけになりました。初めの頃はその歌詞自体に興味はなく、そのポップで印象的なメロディーやリズムに惹かれていただけでした。しかし、段々とそれだけでは満足できず、その歌詞の意味にも興味を持つようになりました。翻訳サイト等で歌詞の意味を検索しているうちに、日本人は使わないような表現がたくさん使われていることに驚き、新鮮に感じたことを覚えています。それ以降は、これらの歌の歌詞を翻訳サイトを通さずに自力ですらすら理解できるようになったらどんなに素敵だろうと考えたものでした。お気に入りのアーティストの発音や歌い方をなんとなく真似ているうちに、日本以外の国はどのような場所なのだろうと、漠然と思いを馳せていました。これが、私が留学をしたいと考えるに至った第一歩です。
 第二に、日本では学べないようなことを学修したいと考えたからです。私が大学に入学した際、神戸大学の経営学部の留学プログラムは「外国語で経営を学ぶ」という高い志のもとに推進されていると知り、感銘を受けたことを覚えています。それからは、ただ語学力を伸ばすために留学するのではなく、自分の専門分野を外国語で学び、新たな発見や知見を得たいという気持ちになりました。外国語で学問を学ぶことにより、語学力の他にも、異文化理解の力やコミュニケーション能力が鍛えられると考えています。また、特に経営学においては、日本では研究が未熟な分野もあり、海外でだからこそ勉強できる内容も多くあります。留学先では自分の専門だけにとらわれず、海外でしか学べないようなことも勉強し、経営学に対する知見や理解をさらに深めたいと思います。
 第三に、今とは違う環境に身を置き、自分を成長させたいからです。大学でチューターとして海外からの交換留学生と触れ合い、彼らの考え方や文化の違いに驚き戸惑うと同時に、その違いが面白いと感じました。育ってきた環境が人の考え方や生き方に大きく影響を与えるのだと改めて感じました。彼らの勉強熱心さや切り替えの早さ、どんなことにも挑戦しようとする姿勢は私も見習いたいと考えました。留学先では様々な価値観を持った優秀な学生たちと生活環境を共にします。その中で大変な思いをすることもあるでしょうが、そのような経験も含めて自分を人間的に成長させてくれると信じています。
 第四に、私は将来、グローバルに活躍できるビジネスパーソンになりたいと考えているからです。その目標を達成するにあたり、外国語を運用しながらコミュニケーションをとる能力や、相手の価値観や文化的背景を理解しながらコミュニケーションをとる能力が必要だと考えます。そのためには、実際に異国の地に自ら飛び込み、そこで現地の人々や世界中の国々から集まった人々と生活を共にすることほど効果的な方法はないと思います。そのような環境下で、自分が今まで持っていた価値観や考え方のみにとらわれず、さらに広い視野で物事を考えられるようになりたいです。そして、将来は国境を越えて人々や物資を繋げられるようなビジネスパーソンになりたいと考えています。
 以上が私が留学を志すきっかけや目的です。支えてくれた方々への感謝を忘れずに実りのある留学にしたいと思います。

留学中の体験

留学の成果、将来の目標