HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2022年度『派遣』

  • 氏名:H. T. [ 日本 ]

  • 受入期間:2022年10月17日 ~ 2023年07月24日
  • 受入大学:キール大学
  • 在籍大学:神戸大学


留学のきっかけ、目的

 私の今回の留学の目的は、外国の文化を体験することと、英語を話せるようになることの二つだ。第一に、日本と異なる文化を体験して自分の視野を広げたいと考えている。私の祖父と祖母は海外旅行が好きで、昔はよく二人で海外旅行に行っていた。ブラジル旅行のリオのカーニバルの写真を見せてもらったり、アフリカ旅行の野生の肉食動物のサファリの話や雄大なビクトリアの滝の話をしてもらったりなど、どれも日本とスケールが異なっており、ユニークで日本にいては体験できないような話ばかりであった。そのおかげで、昔から自然と外国の地理や文化に興味を持ち、日本と全く異なる文化に触れてみたいと思っていた。第二に、将来の職業の手助けとしたいと考えている。私は中学生のころから航空業界に興味を持ち、将来は英語を話せるようになって航空関係で企業の経営に携わる仕事につきたいと、漠然と思っていた。その後高校、大学では海運の企業や貿易に携わる会社などでも働きたいと思うようになったが、幅はありつつも、「英語を使ってコミュニケーションをとって、異なる国や文化を持つ人と仕事をしたい」という部分は変わっていない。おそらく将来的にもその思いは大きく変わることはなく、外国の人と意思疎通を行うことができる語学力が必ず必要になると思っている。
 そんな中で大学の交換留学制度を知り、学生の間に外国で一年間過ごす機会を得ることができるのは大変魅力的だと感じ、留学を決意した。今回の留学でその二つをともに満たすことができると確信している。
 また、多くの交換留学協定校の中から、私はドイツのキール大学を以下の二つの理由から留学先に選んだ。第一に、キールはドイツの大都市から少し離れたところに位置し、バルト海に面している非常に自然が豊かな地域であることだ。ヨーロッパの温暖で過ごしやすい気候に加え、大都市の喧騒を離れたのどかな地域で生活できる。第二に、キール大学は授業の形態として、講義よりもグループワークの授業が多いことだ。私は講義型よりディスカッションやグループワーク型の授業のほうが、自分が学習に能動的に取り組むことができ、学習内容が身につくと思っている。
 このような日本と全く異なる環境で、積極的に学習に取り組み、上記の二つの留学の目的をしっかりと達成したい。さらに、学校の勉強とプライベートの時間の両方を充実させたいと考えている。
 最後に、きっかけを与えてくれた祖父母や支えてくれた家族、友達、先生や学校のスタッフの方々、HUMAP留学生交流推進制度の方々を含めた皆さんに感謝を伝え、一年間、学習面・生活面でバランスの取れた充実した留学生活を送りたいと思う。

留学中の体験

留学の成果、将来の目標