HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2022年度『受入』

  • 氏名:S.Y. [ 韓国 ]

  • 受入期間:2022年09月16日 ~ 2023年07月21日
  • 受入大学:甲南女子大学
  • 在籍大学:淑明女子大学校


留学のきっかけ、目的

 日本学を専攻し始めながら、留学に対する思いを抱くことは自然なことでした。 日本学を専攻する人に日本で勉強できる機会は文だけでは満たせない知識を満たすこの上なく良い経験になると思います。 また、広報広告学科を複数専攻することになり、より広い視野、経験を持つことが本当に重要なことだということを改めて実感し、メディアコンテンツ専門家、その中でも映像翻訳に大きく関心を持っている今の私に留学がこの上なく必要な機会だと確信しました。

 私が研究したい分野は広く見ると翻訳です。 翻訳というのは単純に機械的に一つの言語を他の言語に移すこと以上の意味を持ちます。 一つの文化を他の文化に同化させる単純に見えるが、両国の文化を知り深く理解しなければならない高度で複雑な作業であり学問だと思います。 非対面関連システムがさらに活性化され、OTTサービスが発達する今日この時代において、メディアが提供する翻訳の質が低くなるわけにはいけないのです。また、 機械的な翻訳で本来の意図をまともに反映できなければ、それはクリエイターに対する失礼でもあります。 しかし文化というのは理論で勉強しても習得できない部分があるものです。 そのため、直接異なる文化を体でぶつかってみる経験が必然的に必要であり、留学がそのような部分を満たされると思います。 また、他の国を経験してみて、様々な人に会って思考を喚起させたいと思います。

 同時に現在も絶えず生成され発展する日本の文化コンテンツ産業を直接目で見て経験し単純に肯定的な面だけでなく否定的な面も学べれば以後コンテンツ企画などに適用させることができる良い踏み台になると思います。 コンテンツを作って発展させるのは、結局大衆で、消費者であります。 そのため、大衆について理解することが、すなわち良いコンテンツを作れる基盤になります。 実際本校でも日本の「ガチャシステム」を消費者心理と組み合わせてガチャをこのように大衆化させることができた理由に関するレポートを作成したことがあります。 したがって交換校でメディア、コンテンツ、文化、大衆に関した講義を通じて日本の文化的情緒を学び、韓国とはドラマから芸能までメディアコンテンツの雰囲気が違う部分が多いのは何の理由であり、どんな文化的背景と心理でこのような差が出るのか、日本の大学ではどんな形でコンテンツとその消費者に対して教えるのか深く研究したいです。

 昔から日本に留学を行ったらやってみたいことが多くありました。コロナウイルスのせいで現在あまり活動的な事はできないと思うんですが、バイトや部活をして様々な人を会いたいです。後自分の日常を映像に残してそれをYoutubeなどに共有する事でもし自分みたいに交換学生や留学を考える人に役に立ちたいです。第一希望はバイトをやってみることで、他にも時間があるたび各地を旅してそれを写真に残したいです。留学先の学校では写真部や演劇部に入るなどの色んな体験をしたいです。

留学中の体験

留学の成果、将来の目標