HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2022年度『受入』

  • 氏名:MILENIA [ インドネシア ]

  • 受入期間:2022年09月12日 ~ 2023年08月05日
  • 受入大学:園田学園女子大学
  • 在籍大学:ブンハッタ大学


留学のきっかけ、目的

HUMAP奨学金

ミレニア.セフティアニ

私の名前はMileniaSevtianiです。Niaと呼ばれています。生年月日は1999年12月28日にインドネシアの西ジャワのベカシで生まれました。私はブンハッタ大学の日本語学科の学生です。日本の文化と日本の言語を勉強したいと思っています。このエッセイはHUMAPの奨学金の要件のために書きました。

日本は文化が面白くて、とてもユニックだと思います。兵庫県の園田学園女子大学で交換留学生参加することになってとても嬉しいと思います。日本語学科の学生として、この機会に日本文化を実験することやナマ日本人と話せることやはとてもいい経験になると思います。

”Hyoki” は、日本語学科で教えられていた科目です。1学期に"Hyoki" の科目があります。”Hyoki” には仮名と漢字の文字を勉強しました。この科目では漢字の読み方、書き方、そして漢字の意味を勉強します。漢字は「アルファベット」とは違います。漢字は特定な意味と読み方があります。これは漢字の特徴です。しかし漢字以外に私が好きな日本の文化もたくさんありますから、日本文化をもっと知りたいと思っています。日本の文化をのに日本語の能力が必要です。

大学で漢字だけじゃなくて文法や聴解、会話なども勉強しました。私はN4を受けて、143/180の 成績をもらいました。私は日本語の能力を向上するために、今年、 JLPT のN3も受けました。ですから、兵庫県の園田学園女子大学で、私は文法、聴解、会話、読解、日本文化などの学習を改善したいと思っています.私の希望は日本人のようにぺらぺら話せるようになりたいと思っています。

日本の知りたいことがまだたくさんあります。その一つは、日本の学生と社会の生活ことです。実験したいです。園田学園女子大学への交換留学プログラムで実現したいです。母は知識と経験が成功の鍵だと言いました。私は日本での受け入れた知識と経験が私の成功に導くことになると願っています。
私のエッセイはこれで終わります。

留学中の体験

留学の成果、将来の目標