HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2022年度『受入』

  • 氏名:S. Y. [ 韓国 ]

  • 受入期間:2022年04月01日 ~ 2023年02月01日
  • 受入大学:武庫川女子大学
  • 在籍大学:韓南大学校


留学のきっかけ、目的

私が留学を通じて果たしたいことは、大きく分けて二つあります。一番目は日本語の上達です。上達の基準が曖昧だと思われるかもしれませんが、自分なりの基準を決め、他の人に日本語を教えられるレベルを目指しました。現在は、「日本語がうまい」ということと「日本語を教えることがうまい」ということが全然違う話であることが分かりましたが、基準を変える気はありません。なぜなら、日本語が教えられる人は絶対日本語がうまい人に間違いないからです。
二番目は日本語の教師としての資質向上です。私は日本語と共に、教育学の勉強を並行しています。元々今年教育実習が予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で今まで閉っていた留学の道が開き、選択の岐路に置かれることになりました。悩み続けたあげく、留学を選びました。教育実習を見送り、少し卒業が遅れることになるとしても、留学は後悔のない選択になるはずです。何より留学経験がある先生と経験がない先生が生徒に伝えられる知識などの深さはまったく違うと思います。この度、留学経験を通じて自ら得られたものに基づき授業を構想すれば、さらに豊かな授業になるでしょう。

留学中の体験

 日本に来てから、時間の早さに驚く日々を過ごしております。この楽しい留学生活が、もう半年も残っていないことに気が付く度、凄く悲しい気持ちになるのですが、ちょうどこの時点で自分の留学生活を振り返り、より有益な1年のため工夫するのは、とても大事なことだと思います。
 まず日本語についてです。私は元々日本語が専攻なので、コミュニケーションの問題で苦労することはあまりなかったです。それで油断したのでしょうか。7月のJLPTの語彙パートで酷い点数を取ったのです。幸いにも合格ラインには達しましたが、これを機に日本語の表現の勉強が足りないことに気が付きました。私はいつも自分が慣れている表現だけを使っていて、状況によって違う言い方をしようとしなかったです。また「せっかく日本に来たから、日本語は現場で学ぼう」と考えて、机の前に座って新しい表現を覚える時間がめっきり減ったのです。現場で日本語が学べるのは、私が留学に来ているからこそできる貴重な経験であることに違いないですが、ただ日本に暮すだけで日本語がぺらぺらになるわけではありません。これからは人との勉強と本との勉強と両方のバランスを取りながら、さらに日本語の実力をあげるため頑張りたいと思います。
 しかしもっと重要なのは、勉強と遊びのバランスです。ここから電車に乗って15分行けば梅田で、20分行けば難波です。平日でも授業終わりに行ける距離ですし、あちらには楽しく遊べるところがたくさん集まっていて、よく遊びに行きました。他にも、好きな歌手が兵庫でライブをしたので行ってきましたし、友達が誘ってくれて生まれてはじめてファッションショーも見てきました。最近は淀川花火大会に行って、美味しいものを食べながらきれいな花火を見ました。写真は屋台で買ったかき氷です。残りの留学生活も元気で楽しく過ごしたいと思います。

留学の成果、将来の目標