HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2021年度『派遣』

  • 氏名:田中 雄大 [ 日本 ]

  • 受入期間:2022年02月28日 ~ 2022年12月16日
  • 受入大学:韓国航空大学校
  • 在籍大学:神戸学院大学


留学のきっかけ、目的

 韓国への留学は私の大学生生活の中で、何としても成し遂げたい目標のひとつでした。
その理由として、大学進学時に掲げた「何か大きな目標を達成するという」テーマが関係しています。
社会人前最後の貴重な4年間と言う時間を有意義に使うためにも、何かひとつでも収穫が欲しいという思いがありました。
 その中でも、高校時代より好奇心から勉強を進めていた韓国への留学を大きな目標に掲げ、生活を送ってきました。日本からでも韓国の文化や言語は簡単に知ることが出来ますが、教科書やネットだけでは知ることの出来ない、本物の韓国を知りたいと思いました。そのためにも、現地での生活を通して韓国の人とふれあい、韓国の空気を吸いながら生活をすることで、本物の韓国を知ることができると感じ留学を決心しました。
 韓国での留学生活の中で学びたいことは多くありますが、1番は韓国の人々の考えや人間性を知ることです。これを知ろうとする事で、自然と言語についても学習することが出来ると考えています。また、実際には韓国人は色々な方面から日本のことをどう思っているのかも知りたいと思っています。このような機会でないと知ろうとも思わないことを、勇気をもって知ろうとしたいと思います。
 そして、私は韓国航空大学校の経営学部へ留学するので、日本とは経済の仕組みが異なる韓国の経営学について学び、日本と韓国の違いを専攻分野の観点からも比較していきたいと思います。
 また、留学を通して、人としての殻を破りたいと思っています。異国の地で生活をすることは、多くの間違いや失敗に直面することでもあると思っています。そのような時でも、間違い、失敗を恐れずにチャレンジ精神をもって積極的に自発的に挑戦することで、人の目を気にせず、やりたいことを行動に移せる人になりたいと思います。
 他にも、留学生活の中では、現代においては重要な「多様性」という感性も養いと思っています。母国とは違う国で、全く異なったバックグラウンドを持つ人々と交流することで、「多様性」を受け入れ理解するという、これからの世界で生きていく上で必ず重要になってくる感性を養いたいと思います。やりたいことはたくさんありますが、時間は限られているので、果敢に積極的に行動していきたいと思います。
 また、これらの目標を達成することで、初めて「留学をしたことで収穫、学んだことがあった」と言えると思うので、頂いた貴重な期間全力で挑戦したいと思います。

留学中の体験

留学の成果、将来の目標