HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2021年度『派遣』

  • 氏名:田中 雄大 [ 日本 ]

  • 受入期間:2022年02月28日 ~ 2022年12月16日
  • 受入大学:韓国航空大学校
  • 在籍大学:神戸学院大学


留学のきっかけ、目的

 韓国への留学は私の大学生生活の中で、何としても成し遂げたい目標のひとつでした。
その理由として、大学進学時に掲げた「何か大きな目標を達成するという」テーマが関係しています。
社会人前最後の貴重な4年間と言う時間を有意義に使うためにも、何かひとつでも収穫が欲しいという思いがありました。
 その中でも、高校時代より好奇心から勉強を進めていた韓国への留学を大きな目標に掲げ、生活を送ってきました。日本からでも韓国の文化や言語は簡単に知ることが出来ますが、教科書やネットだけでは知ることの出来ない、本物の韓国を知りたいと思いました。そのためにも、現地での生活を通して韓国の人とふれあい、韓国の空気を吸いながら生活をすることで、本物の韓国を知ることができると感じ留学を決心しました。
 韓国での留学生活の中で学びたいことは多くありますが、1番は韓国の人々の考えや人間性を知ることです。これを知ろうとする事で、自然と言語についても学習することが出来ると考えています。また、実際には韓国人は色々な方面から日本のことをどう思っているのかも知りたいと思っています。このような機会でないと知ろうとも思わないことを、勇気をもって知ろうとしたいと思います。
 そして、私は韓国航空大学校の経営学部へ留学するので、日本とは経済の仕組みが異なる韓国の経営学について学び、日本と韓国の違いを専攻分野の観点からも比較していきたいと思います。
 また、留学を通して、人としての殻を破りたいと思っています。異国の地で生活をすることは、多くの間違いや失敗に直面することでもあると思っています。そのような時でも、間違い、失敗を恐れずにチャレンジ精神をもって積極的に自発的に挑戦することで、人の目を気にせず、やりたいことを行動に移せる人になりたいと思います。
 他にも、留学生活の中では、現代においては重要な「多様性」という感性も養いと思っています。母国とは違う国で、全く異なったバックグラウンドを持つ人々と交流することで、「多様性」を受け入れ理解するという、これからの世界で生きていく上で必ず重要になってくる感性を養いたいと思います。やりたいことはたくさんありますが、時間は限られているので、果敢に積極的に行動していきたいと思います。
 また、これらの目標を達成することで、初めて「留学をしたことで収穫、学んだことがあった」と言えると思うので、頂いた貴重な期間全力で挑戦したいと思います。

留学中の体験

 韓国へ留学で来てから早くも5か月が経ちました。韓国での留学生活は想像していたよりも遥かに刺激的で魅力的で毎日が一瞬で過ぎていく感覚です。私が留学を決心した理由は「ネットでは知ることのできない本物の韓国を知りたいから」でした。実際に韓国に来て韓国人と環境で生活をする中で、韓国のほんの一部しか知ることはできていないとは思いますがたくさんのことを学ぶことができています。たくさんのことを学ぶことができている大きな理由としては、私が大学の野球部に参加したことが関わっていると思います。
 縁があり、小学生のころから現在も続けている野球を韓国でもできることになりました。チームは初心者も経験者も一緒に活動しており、1週間に2,3回練習や試合をしています。野球部に参加し始めた頃は全員日本語が通じないメンバーの中で一緒にプレーできるのか心配なこともありましたが、メンバー全員が私にとても優しく、フレンドリーに接してくれたおかげですぐにチームに馴染むことができました。また練習中は初心者の仲間がプレーについてわからないことがあると私に積極的に尋ねてくれます。こんな時は自分の語彙力を最大限使ってアドバイスをする機会をしますが、伝えたいことは明確にあるのにうまく言葉で伝えることができない時に自分の無力感を感じるとこもあります。しかし、スポーツは国境を越えると言われるように全身を使ってコミュニケーションをとることで言葉の壁を乗り越えています。
 また、留学生活の中で野球をしなければ絶対に体験することのできないことをたくさん体験しました。例えば、自分以外全員韓国人という環境の中で野球の公式戦に出場することです。日本の野球との違いに戸惑うこともありますが、楽しく全力でプレーすることができています。また、野球の試合中に顔面を骨折し、韓国の病院を受診するという貴重な経験もしました。人生で初めての骨折大変なことも多くありましたが、骨折を韓国で経験すると言う普通なら中々経験できないことを体験できたことも野球をしてたからできたことで、よかったことだと思います。また、野球部の仲間と一緒に練習後にご飯を食べに行くこともとても楽しい時間です。自分は会話を理解することに一生懸命な時が多いですが、自分もみんなと同じご飯を食べながら楽しく会話することは、野球部に参加しなかったらできなかったことだと思います。
 大学の講義に関しては、前期は韓国語の講義のほかに専門科目の講義も受講しました。日本語でも難しい内容を韓国語で履修することは非常に難しいことも多かったですが、毎回工夫しながら受講して、すべての科目で納得のいく良い成績を修める事ができました。後期も専攻科目やその他の科目に関しても興味、関心のあるものを受講したいと思います。
 韓国語の実力は正直まだまだ不足しているので、引き続き語学力を伸ばせる場所にチャレンジ精神をもって参加していきたいと思います。帰国した際に留学前に立てた目標をしっかり達成できたと言えるように残りの留学生活も全力で取り組みたいと思います。

留学の成果、将来の目標