HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

平成30年度『受入』

  • 氏名:Fan Siyuan [ 中国 ]

  • 受入期間:2018年04月01日 ~ 2019年02月28日
  • 受入大学:神戸学院大学
  • 在籍大学:大連理工大学


留学のきっかけ、目的

きっかけ:
私は大学で日本語を勉強しているうちに、日本地理や日本文化への興味を深めて、異文化交流の重要性を感じました。そして、ぜひ「日本に来て、日本人とコミュニケーションをしたい」という考えが強くなりました。

目的:
一つ目は自分の可能性を試すということです。私が日本に来たら、様々な挑戦があるわけで、留学生の素性として間違っていることがあるかもしれませんが、積極的に日本語を使いながら、「何事に対しても積極的に実行する」を目指して、体験します。
二つ目は日本語の上達です。学校の授業中も、クラスメイトと相談する時間も、ショッピングの時間も、全て日本語の練習です。そして、日本語を学ぶだけでなく、「日本語を使って」知識を得られることが重要だと思います。
三つ目は自分の計画力と行動力を鍛えることです。日本の大学生は何事に対しても、真面目に計画して、よく準備してから、始めます。私はこれから一年間の大学生活として、計画力と行動力を強化するよう頑張ります。

留学中の体験

日本の「衣食住行」
                                 
 中国では、「衣食住行」という四字熟語がありまして、生活を構成する欠かせないものと言われています。僕は今年の4月から神戸学院大学に入学して、もうすぐ5ヶ月になります。一人暮らしを始めた僕は、中国と日本の生活の違うところを実感しました。
 中国と日本とは一衣帯水の隣邦である、衣服におけるファッションはそれほど大きな違いではありません。むしろ、両国とも欧米のファッションに、深い影響を与えられているので、欧米のブランドが町でよく見かけられます。もちろん、些細な違いもあります。中国より日本の若者たちは浅い色のほうが気に入り、髪が長い男の子が多く、女の子はトップスをボトムに入れるのが好きです。
 日本人は冷たい食べ物が好きです。夏になると、スーパーで冷やし中華や冷たいお菓子や甘酒などの猛暑の対策するものが人々に大人気になります。町にたくさんある販売機には冷たいビールや飲み物があります。冬も冷たい飲み物がいっぱいあって、飲 食店がいつも冷たい水やお茶を出しています。中国人は冷たいのより、温かい食べ物のほうが好きです。特に冬になると、冷たい水を飲んでいる人はほとんどいません。なせが日本人は冷たい食べ物を好みます。その飲食上の習慣は冷たいお弁当がよく食べられるのに関係があるのかもしれません。日本での中華料理が、こんなに有名なのは思いもつかなかったです。僕が一番面白いと感じるのは、日本でよく食べられる天津飯とエビチリは、実際には、中国ではないということです。両方とも、日本人経営のスナックで出していたり、中国の調理人が日本の作り方を習ったものと言われています。
 日本の大学生はほとんど一人で暮らしいます。高校卒業してから、一人でマンションを借りる人が多く、自分で生活しなければならないので、アルバイトをしてお金を稼ぎます。僕はすばらしいと思っています。
 電車で行動するのは昔から日本社会に定着した文化です。サラリーマンや学生など、幅広い年齢層の人々が、ほぼ毎日、電車を利用します。その中で、僕が一番感心するのは、時間にこだわることです。いつでも、走っていて改札を通過している人々の姿が、物凄く特殊な風景になるわけです。一分でも遅くなるといけない、絶対この電車に間に合わなければならない、というわけで、時間を守るのは日本社会に一番肝心なルールかもしれません。
 そういう社会で生きている日本人の清潔さ、正直さ、迷惑を掛けないようにすること、仕事にこだわること。人々が持っている優秀な品性、僕にとっては、学ぶべきものです。中国に帰るとしても、日本の生活習慣や日本人の素晴らしさなど、友人に伝えたいです。

留学の成果、将来の目標