HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

平成30年度『受入』

  • 氏名:C.W [ オーストラリア ]

  • 受入期間:2018年04月04日 ~ 2019年02月02日
  • 受入大学:武庫川女子大学
  • 在籍大学:マードック大学


留学のきっかけ、目的

今年、奨学金をいただき日本へ行くことを大変楽しみにしております。また、貴機構のお力添えをいただき、短期間で私自身の可能性を広げ、可能な限り多くの日本語を学ぼうとする努力が達成されることと確信しております。

15歳の時に日本に1年間滞在した経験があるので、最高の成果をあげるために、異文化の中へ溶け込んでいく際に必要なことについては承知しています。また、これからの1年間家族や友人と離れ、日本で勉強し新たな繋がりを築くための十分な資質を有しており、準備はできていると確信しております。

私は7月に日本語能力検定3級を、そして12月に2級を受験する予定にしているため、一生懸命勉強して日本語能力を伸ばし流暢に話せるようになろうと思っています。日本から帰国した際には、日系オーストラリア人の方々と簡単に会話して、パースの日本人コミュニティともっと関わっていきたいと考えています。また、自分の日本語ともうすぐ終了予定のツーリズムとイベントマネージメント学を結び付け、日本や日本人、または日本とパートナーシップのあるツーリズムコンサルタントと協力して新たなイベントを立ち上げたいと希望しています。また、2021年に関西で開催される「ワールドマスターズゲームズ」の際には関西に戻り、パースからの野球チームのために日本を案内する役を担いたいと考えています。
貴機構の奨学金は私の勉学と日々の学習生活の支えとなると確信しております。寮費や食費、交通費や勉学に要する費用をカバーしていただくことは、私にとって最大限の大変大きな助けとなります。私は大変感謝しており、このような機会を与えて下さった兵庫県に最大の敬意を表したいと思います。


留学中の体験

留学の成果、将来の目標