HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

平成30年度『受入』

  • 氏名:M.P [ オーストラリア ]

  • 受入期間:2018年04月04日 ~ 2019年02月02日
  • 受入大学:武庫川女子大学
  • 在籍大学:マードック大学


留学のきっかけ、目的

2か国語を話し、海外にバックグラウンドのある者として、日本とオーストラリアの間に存在するような文化の違いは素晴らしいと感じています。私の高校生活の最初から終わりまで、日本文化に対する興味は常に増していき、その頃から日本語を学びたいと望んでいました。私は日本人の生き方から刺激を受け、そのことが励みになり、日本に移住し日本人のライフスタイルを経験したいと一時期考えていました。書かれていることや話されている言語を理解しようとすることに喜びとチャレンジを感じるため、日本語を学ぶのが大好きです。日本語を流暢に話し、読むことのできるレベルまで日本語能力を伸ばしたいと思っています。この交換留学プログラムが進むにつれて、日本文化を教えてくれる日本人の友人がたくさんできるでしょう。そして、膨大な知識と日本人への理解を深めてオーストラリアへ帰国し、このユニークで美しい国に行って探検する事をみんなに勧めたいと思います。
貴機構の奨学金受給者として採用していただき、このような手厚い支援を受けることができますことを、大変光栄に感じています。貴機構のおかげで、部活動やサークル活動を通し、大学生活にも馴染んでいけると思います。そして、そういった経験をすることで、日本の大学生とはどのようなものかを直接体験することができると期待しています。留学するにあたり、奨学金受給者として選ばれた学生に対し奨学金を支給なさることで、留学先の大学でより多くの成果を上げようと、学生はより重点的に取り組むと思います。これは私のような学生と、日本の大学の両者にとって有意義な体験を生み出すでしょう。交換留学生はより活動的になれるし、海外の文化についての見識を日本人学生に与えることもできると思います。
あらためまして、貴機構からこのような素晴らしい機会を与えて頂きましたことを、大変光栄に感じております。この奨学金のおかげで、交換留学プログラムの間に、ストレスのない経験と素晴らしい成果を達成することができると思います。私を採用してくださり、将来この奨学金の受給を願っている学生のお手本になることをお許し下さった兵庫・アジア太平洋大学間ネットワークに対し、最大限の感謝の意を表したいと思います。

留学中の体験

留学の成果、将来の目標