HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

平成29年度『受入』

  • 氏名:L. X [ 中国 ]

  • 受入期間:2017年04月06日 ~ 2018年02月23日
  • 受入大学:神戸女子大学
  • 在籍大学:華南師範大学


留学のきっかけ、目的

日本語専攻の学生として、日本語を学習しているうちに、日本という国に対する興味もだんだん湧いてきて、日本に留学しようと思うようになった。それから、日本文化や日本文学は大変奥深くて、その土地で実際に生活してみなければ理解できないということに気づいて、留学の決心をした。
今、実際に日本に来て、違う国の雰囲気を感じつつ、これから学習したいことがたくさんあると思っている。せっかくの機会だから、日本人の生活に触れて、日本社会に対して、より一層理解を深めたい。それに、大学にいる間、日本語学の授業を通して、日本語能力の上達を目指している。同時に日本史や日本文学を学習して、なるべく多くの知識を身につけたい。
留学生活はこれから始まる。それを無駄な時間にしないように、日々努力を重ねている。

留学中の体験

日本での留学生活も、間もなく半分が過ぎます。ここ数か月は素晴らしい経験をさせていただきました。新しい友人と出会い、先生方に教わり、ますます日本の生活になじんできました。日本語、日本文化の授業を通してたくさんのことを学んでいるうちに、日本の魅力を深く感じました。授業のほか、先生と能楽を鑑賞して、祇園祭を見に行ったことが非常に印象深いです。
留学生活は残り半分ということで、これからも日々を大切にして、勉強に励みつつ、日本文化をよりよく学びたいと思っています。

留学の成果、将来の目標

一年の留学生活もいよいよ終わりが近づいてきています。振り返ると色々なことを思い出します。
 素敵な先生方に出会い、いろいろ教わりました。授業を通して古文などの日本語や、日本近現代の文学をより知ることができました。また、中国とは違う大学の教育制度に触れて、日本の大学生への理解も深まりました。授業以外にも友達と色々コミュニケーションができてとても勉強になりました。寮生活もとても楽しく過ごすことができたと思います。
 帰国後も相変わらず、日本語や日本文化の学習を続けたいと思います。この一年間の留学生活を無駄にしないように、知識を持って日本の素晴らしいところをたくさんの人に紹介できたらと思っています。