HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

平成29年度『受入』

  • 氏名:J.S. [ 韓国 ]

  • 受入期間:2017年09月11日 ~ 2018年07月20日
  • 受入大学:甲南女子大学
  • 在籍大学:淑明女子大学校


留学のきっかけ、目的

 今年の1月、私は大学の国際交流プログラムの一環として兵庫県と甲南女子大学にきました。日本に来たのはこれが初めてで2週間という短い時間でありましたが、現地での経験はこの2年間本と授業で勉強したものよりも2週間の研修で学んだものが多いと感じたほど豊かでした。特に伝統舞踊、茶道、宝塚歌劇など韓国の授業あまり詳しく扱う授業は見つからないのでうれしかったです。それに、本と授業じゃなく日常で感じられる地域の文化は現地だからこそ学べる事だと思って留学を決心することになりました。
 留学中には日本語の上達を一番の目標にするとともにお祭りや茶道などの伝統文化について勉強したいです。神戸は神戸祭り、だんじり祭り,住吉祭りなど多様なお祭りの場であり、大阪全域を電車でいける交通の要地でもあります。今回の交換留学が、学校の内外で日本の質実的な文化を理解するのに役になれると思います。甲南の韓国語に興味を持っている学生たちとも交流しながら今回の交換留学がお互いに成長し合えるチャンスになれるように頑張ります。

留学中の体験

兵庫に来る前から興味深かった宝塚歌劇団に関する授業があって楽しかったです。歌劇団の歴史を学び、代表作や有名なトップスターについても勉強できます。先生方も宝塚歌劇の熱心なファンであり、授業内容もとても豊かです。それに授業の最後には宝塚大劇場で観劇する校外授業もあります。秋頃には、校内で元タカラジェンヌさんや歌劇団の関係者をゲストとして招待しトークショーを開いたりもします。

甲南女子大学には音楽学部がないですが、芦原講堂と6号館に素敵なパイプオルガンがあり、キャンパスのそこそこにピアノが設置されています。また、教養のオルガンの授業や子ども総合学科の専攻の中で楽器の基礎的な演奏法を勉強することができます。その中のオルガンの授業では、芦原講堂の大きなオルガンよりは小さいけれど、とても素敵なパイプオルガンの演奏法をプロのオルガニストの先生から教えて頂きます。幼い頃からピアノを弾いていたので、手鍵盤を弾くのは慣れていたのですが、足で鍵盤のようなペダルを操作することはとても難しくて新鮮な経験でした。今でも難しいです。ピアノではとても弾きやすくて基礎的な楽曲を足と同時に演奏するために、教室を借りて自主練習をしたりするのも思い出の一つになりました。また、課題の一つとしてパイプオルガンの生演奏を聴いて感想レポートを書くことになって、オルガンのある所を調べました。ほぼカトリック教会やキリスト系の学校でした。それから、日本は比較的にカトリックやキリストの信者が少ない国だと知っていたのですが、オルガンを備えた教会がそこそこにあって印象深かったです。無料の演奏会も多くて調べて聴きに行くのがとても楽しかったです。

留学の成果、将来の目標