HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

平成29年度『受入』

  • 氏名:R. I [ 韓国 ]

  • 受入期間:2017年10月01日 ~ 2018年08月08日
  • 受入大学:神戸大学
  • 在籍大学:木浦大学校


留学のきっかけ、目的

私が神戸大学に留学を決めたきっかけは幼い頃から日本の漫画をとっても好きでした。
最初は日本の漫画だと知らなかったのですが、続きを知りたくてネットで検索したら日本の漫画だと知りました。その時から日本語と日本文化に興味を持って勉強しました。
日本語を学ぶ事ができたのは高校の時からでした。高校の時初めて学ぶ日本語がとっても面白かったので大学も木浦大学校日語日文学科に進学して日本語をより深く勉強するようにしました。ですが韓国で学ぶ事では限界がありました。授業では教えてくれない生活日本語と会話で日本語の実力を上げる機会が少なかったです。そして日本語の実力をもっと向上するため神戸大学に留学を決めました。
私はこの留学を通じて達成したい目標があります。先ずは会話の実力を上げることです。
私が一番苦手だと思っているところは会話だと思っています。基本の会話はできますが、私は現地人のように会話をしたいです。学校では学ぶことができない新造語及び日常で使っている日本語を学びたいとおもいます。
そして次の目標は色んな文化を体験し、日本文化を学ぶことです。日本と韓国の文化は似た物もありますが色んな違いがあります。その日本の文化を体で体験し韓国の文化と比べて研究したいと思います。その研究の中で日本の文化を通じて私の生活に役立つ事があれば生活に入れて生きたいです。

留学中の体験

私は今度日本に来て色々な事を経験することができました。最初はちょっと困ったことがたくさんありましたが色々手伝ってくれた人がいたから日本の生活に早く慣れたと思います。そして私は日本に来てたくさんの活動をしました。KISSシンポジウムに参加して色々な国の人と話したり、旅行したり、昔、語学研修で来た時お世話になった人とたくさんの日本文化を体験しました。

KISSシンポジウムは1泊2日の間で色んな国から来た人達とたくさん話すことができて本当にいい経験だったと思います。特に色々な話題を他の国の人はこの話題にどう考えるのか、共通点は何があるかわかる機会になりました。今まで日本語で議論する機会が無かったので日本人を含めて色々な国の人とたくさん話しする機会になったと思います。次の学期でも機会があればぜひ参加したいとおもいます。旅行は京都が一番良かったと思います。そして韓国では体験できない日本の文化を体験しました。語学研修の時お世話になった人たちと初詣に行ったりおせち料理を食べたり節分の豆まきしたりしました。韓国では経験することが出来ないからとっても珍しい経験をしたと思います。日本に来て家では昔のドラマを見て、日本語の小説を読んでもっと日本語になれるように勉強しました。ドラマと本を読みながら日本語の表現を身に着けることが出来たと思います。

学習のことは国際交流センターで日本語授業を受けながら音声学、言語学、国語学を受けました。日本語授業を受けて私が間違って知っていた事とか、知らなかった事がわかる授業だったと思います。日本語実力が上がる機会になったとおもいます。そして専攻の授業は私が昔から興味があった文法や言語学、発音を主に聞きました。文法の授業は韓国で学んだことより深く学びながら自分の考えを議論する授業だったので日本語をより深く知ることができたとおもいます。音声学は韓国で学ぶことができなかったので発音に関してたくさん勉強できました。言語学の方は英語と日本語の言語の原理を比べて違う形だけど似ているところが多いと気づいて授業を受けながら韓国語の場合はどうだろうと比べる機会になりました。日本に来て韓国では学ぶことができなかったところを研究しながらこれからも日本語に関してもっと研究したいとおもっています。

留学の成果、将来の目標

留学の期間中、私の日本語はなかなか成長したと思います。たくさんの漢字を読めるようになって本を読む時、漢字で迷うことも減って本を読む時間が短くなりました。私は翻訳に興味があって日本語のあらゆる表現に関心があってここで勉強したことがすごく役に立ったと思います。日本語のあらゆる分野を学びながら私が知らなかった事も勉強できたと思います。特に日本語の文法を研究しながら今まで翻訳する時、難しかった所もなぜそう解釈するのか考えることもできました。また日本のあらゆる文化を身に付けて韓国の文化とどう違うか、日本語と韓国語はどの点が似ていてどの点が違うのかちゃんと研究してみようと思うきっかけになったと思います。これからの日本語の勉強は韓国語と比べて比較する研究をしたいと思っています。そして翻訳も続けて日本の文化を韓国で紹介する本やその逆の本を作って日本に紹介したいと思っています。まだまだ韓国語を日本語に翻訳するのは難しいですが、これからも勉強を続けて韓国語の文化、文学を日本に紹介する機会があったらと思っています。