HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2019年度『受入』

  • 氏名:SHADMAN Sakib [ バングラディッシュ ]

  • 受入期間:2019年08月02日 ~ 2020年08月29日
  • 受入大学:兵庫県立大学
  • 在籍大学:国際経済農業技術大学


留学のきっかけ、目的

留学は、世界の新しい機会を体験できる有益な経験です。一生に一度の経験です。海外へ旅行をすることのできる能力は、個人の成長、自立、学習につながる多くの機会を与えます。また、将来のキャリアと長期的な目標にプラスの影響を与える可能性があります。留学は知識と視野を広げ、情熱を追求するための急成長するためのスペースを提供し、その一方で独立性と個性を養います。海外旅行では、複数の言語の壁を越えてコミュニケーションする忍耐力が必要です。留学中、私はさまざまな外国語にさらされており、この困難な状況の中でもコミュニケーションをとる方法を見つけなければなりません。若い専門家として多くの雇用主にとってコミュニケーションが重要であるため、このスキルは非常に重要です。学生の交換と留学プログラムは、国際化プロセスの構成要素です。 HUMAP(Humap:Hyogo-Asia Pacific University Exchange Network)国際的な学術交流は、文化や学術知識の交流に大きな影響を与えます。この研究では、さまざまな種類のエラスムスの経験、プログラムの文化的および学術的影響、プログラムが参加者の期待をどのように変えるか、参加者が留学後の自国への帰国をどのように感じるかを明らかにします。兵庫県の大学とアジア太平洋地域の大学との交流を深め、その地域の教育と研究のレベルを向上させ、将来を発展させます。他の文化を直接認識できるようになります。文化とは、言語、食べ物、外見、個人的な習慣だけではありません。自分の生き方や世界の見方に影響を与える深い認識、信念、価値を描くことができます。一つの思想を束縛するだけでなく、まったく異なるスタイルの思想を理解できるようになる良い機会です。世界のさまざまな角度や展望から特定の主題について考える能力を吸収することができます。このように、留学は常に研究者にとって不可欠です。自分の興味のある分野を見定め研究したい学生は、海外教育を絶好の機会と考えています。

留学中の体験

留学の成果、将来の目標