HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

平成29年度『受入』

  • 氏名:A. Chen [ アメリカ ]

  • 受入期間:2017年06月03日 ~ 2017年07月14日
  • 受入大学:甲南大学
  • 在籍大学:イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校


留学のきっかけ、目的

日本での留学生活は常に私の夢でした。私は英語と中国語と日本語で、患者さまとコミュニケーションができる言語聴覚士になるために、日本語の勉強に熱心に取り組んでいます。日本語は、世界で話されている主流の言語の一つです。
私は、日本語の全てのスキルを向上させるために、日本語環境に住みたいです。甲南大学では、毎日の午前と午後、合計 105 時間の日本語のクラスをとることになります。私は、アクティブな学習者です。私は、先生にたくさん質問をしようと思います。それ以外にも、日本文化について史跡見学に行くプログラムは楽しみです。そのプログラムでは、日本の文化についての詳細を理解できて、自分が将来日本人患者さんとのコミュニケーションする準備ができます。
日本留学では、またホストファミリーともコミュニケーションできます。私は常に世界中の人と友達になりたいと思っています。私は、たくさんの日本人と友達になって、他の文化を知っていきたいと思います。

留学中の体験

私のりゅうがくは、みのりのおおいものでした. 日本語が上達しただけでなく、人間性も成長しました.。 日本語の授業を月曜日から金曜日まで毎日4時間受けました。日本語の授業では、新しい文法やセンテンスを学びました。. たとえば、"Express One's will in Japanese" と ' Potential Form of Verbs '。 私は特に私のホスト家族と一緒に私の滞在中に日本人と会話するときこれらの新しく学んだ文法上の文を適用しました。 文法の学習から離れて新しい語彙や日本の社会で一般的に使われているフレーズの多くを学びました。 スピーキングの授業も言語を取得するのに私の物量でした。 クラスで 3 つのスピーチのプレゼンテーションをしていた。 スピーチだけではなく、スピーチを書くときのクラスで学んだ文法を実装しているので、私の日本語の会話力も文法を改善を助けたことと思った。

私は日本にいる間ホストファミリーの家に住んでいました. 私が日本人の家族と住んでいた時に日本の文化とどう日本語でコミュニケーションを上手く取るか学びました. 例えば、準備の仕方や食べ物を粗末にしてはいけないなどのマナーを学びました. 私のホストファミリーは、日本語を話すだけので、私の日本 converssational skills を改善しています。 さらに、また甲南大学でいくつかの新しい日本人の友達を作ったが。 日本のポップ カルチャー ・教育・社会についてたくさん学んだから、日本人の友達と会話する場合と。 やりがいのある文化交流の機会だった。












留学の成果、将来の目標

私は音声言語病理学者を将来的になりたいです。 音声言語病理学者として、私はさまざまな言語を話す顧客を発生します。 広東語、北京語、英語を話します。 ただし、のみたくないだけ通信障害で中国語と英語のスピーカーを助けることに自分自身を制限します。 また、他の言語、特に日本語話者を話す患者にスピーチ療法を与えるしたいです。 中国語と日本語の共通点多数がある、ので私は私の 4 番目の言語として日本語を学ぶことができることを考えた。 甲南大学で 1 ヶ月間日本語を学習した後、私は日本語とリスニング力を改善しています。 私はまた、日本語の基本的な会話を保持できます。 1 ヶ月の日本での生活後も学んだ日本の文化について。 言語と文化のスキル プログラムから達成して、恩恵を受けて私、将来的に日本の患者が発生した場合。