HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2019年度『受入』

  • 氏名:B. P. [ アメリカ ]

  • 受入期間:2019年09月01日 ~ 2020年08月31日
  • 受入大学:神戸市外国語大学
  • 在籍大学:イースタンワシントン大学


留学のきっかけ、目的

(本人の英語文章に基づき、翻訳 by google)
2016年、高校時代の経験を修了し、わずか40人の生徒しかいないクラスを卒業した後、私はソファに座って安心のため息をつきました。その瞬間から、私は静かな夏を通してリラックスすることができるだろうと思いました。その当時、私は執筆の分野、おそらくジャーナリズム、あるいは小説さえ書く分野に入りたいと思いました。私の知る限りではありませんでしたが、人生を歩みたいと思う方向が劇的に変わることはありません。
私がそのソファの上に座っている間に、私の父は私のところに歩いて行き、私に1つの質問をしました:「あなたが世界のどこにでも行けるなら、あなたはどこに行きますか?」一般的に旅行したいという欲求はあまりありません。しかし、何らかの理由ですぐに私の頭の中に1つの場所、つまり日本が現れました。そしてちょうどそのように、私は飛行機に乗せられて日本へ飛んだ。
実際に日本に来る前に日本に何を期待すべきか確信が持てませんでしたが、限られた時間で私を納得させることができました。私は、東京の街をさまようために過ごした比較的少数の日数に基づいて、この国で生活し、過ごしたいと思っていました。それで、私は日本での最後の日に、私が出会った男性に、私が私の人生の数年間を日本で過ごすことを可能にするための良い方法は何かと尋ねました。彼は私に英語教育のキャリアを調べるべきだと言った。それで、私が家に帰ったとき、私は父に、私の人生における新しい道は、私が日本で教える必要があるすべてを手に入れることに集中するだろうと言いました。それが私を海外へと導いたのです。私はもっ​​と日本の経験をしたい、そして文化に身を浸したい。理想的には、英語を教えることに関連したコースを受講し、勉強したいと思います。また、そこにいる間に生徒に実際に英語を教えるのを助ける機会を見つけたいと思います。私が海外に行くことに興奮している最後の理由は、日本語をさらに学ぶことです。ここ2年半は学習に費やしましたが、もっと多くのことを学ぶ必要があることを私は知っています。そして私はそれが可能になることを嬉しく思います。

留学中の体験

留学の成果、将来の目標