HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2019年度『受入』

  • 氏名:A.G [ オーストラリア ]

  • 受入期間:2019年04月02日 ~ 2020年02月03日
  • 受入大学:武庫川女子大学
  • 在籍大学:マードック大学


留学のきっかけ、目的

留学という機会について
アシュリー・J・グルベリッチ
日本に来ることは小さいころからの夢でした。本格的に日本語を勉強し始めたのは高校生からではありましたが、小学2年生のころから日本語学習をしていました。その結果、日本に留学する機会を得ることができ、二つ返事で承諾しました。これは、異文化体験やまた人としての成長、そして日本での時間を楽しめるチャンスになると思います。

留学中は、日本と自国の文化の差を目の当たりにすることになると思います。故郷のオーストラリアと日本に文化の違いを発見することが楽しみで、またそれにより人の個性や考え方がいかに環境に左右されるかということも同時に知れると思います。自国では体験できないようなことがたくさん日本で経験できると思います。その一つとして、オーストラリアにはない桜と雪がみてみたいです。日本の滞在中は日本語の練習を日常的にすることができます。私の家族は誰も日本語を話さないので、私と日本語会話をすることができません。なので、オーストラリアにいた時よりも早く、また効率的に流暢な日本語を話せるようになりたいです。日本で生活し学ぶことは、新しい文化に浸かり、学んだことを生かすチャンスだと思います。

この経験は将来的にも役立つと考えています。卒業後は、オーストラリアで日本人向けのツアーガイドになりたいと思っています。日本にいる間に日本語能力を向上させると同時に、日本でのサービス業や観光業についても学ぶことを目標にしています。ですので、これから学ぶことは将来仕事でも役立つと思います。また、自身が長期にわたる海外生活にも慣れており、新しい環境に順応できる人間であると企業に証明もできます。これは、私が言葉もわからない状態で違う国へ行くということがどのようなものかということを深く理解し、英語が話せない観光客にも対応できるということにつながります。日本での経験を履歴書に書くことで、日本にとってもオーストラリアにとっても魅力的な人材になると思います。

日本に来ることを決意するうえで気がかりだったのは、生活費をどう切り盛りするかでした。奨学金を受給することができなければ、学費や寮費などためなければなりませんでした。日本にいる間に、働いて食費をためなければならないことになっていたでしょう。ありがたいことに奨学金を受給してからは、寮費や食費についての心配をする必要がなくなりました。これで、勉強や日本での生活に集中できると思います。

これから体験することや学べることに感謝し、とてもわくわくしています。特に奨学金をいただけたことは心より感謝しております。知っている人がいない真新しい環境で、より自立した人間になりたいです。

留学中の体験

留学の成果、将来の目標