HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2018年度『派遣』

  • 氏名:M.N [ 日本 ]

  • 受入期間:2019年02月18日 ~ 2019年11月23日
  • 受入大学:マードック大学
  • 在籍大学:武庫川女子大学


留学のきっかけ、目的

初めはただ、「大学生の内にしかできない、何か大きなことをしたい。」という漠然とした理由を持っていました。それが同じ大学の先輩方の留学体験記を読んだり留学中に現地で学べることの内容を知るにつれ、約10ヶ月もの間異国の地に一人で住んで、現地の大学で世界中から集まった生徒と共に学ぶことがいかに難しく、そして大きく自分を鍛えて成長させる交換留学の規模の大きさを実感し、「私も挑戦したい。」と留学に行く意志を固めました。昨年、約4ヶ月間アメリカで語学留学をし、自分の英語力を上げると共に、異国の人々との会話を通して異文化や異なった価値観を知ることができる喜び、そしてその学びを通して成長していった自分に気づくことができ、より交換留学への希望が膨らみました。今度はただ英語を学ぶだけではありません。英語を使って現地の生徒と共により専門的な分野を開拓していくことになります。私は現在ジャーナリズムの分野に興味があります。ですが、その他にも学んでみたい分野がいくつかあります。初めは一つの科目を極めるべきかと迷いました。ですがせっかくの機会ですので、自分の心に素直に従って、「やってみたい。学んでみたい。」と思う様々な科目全てに触れてみて、自分の可能性を広げようと思います。その勉学において、「日本人だから。」と言って言い訳をせずに、常に全力を尽くし、つらい時もその過程を楽しみながら学ぶということを目標に一つ。二つ目に、沢山の国々から人々が集まった多様性が当たり前の国にせっかくいるので、物怖じせずに自分から一歩前へ踏み出して、沢山の友人を作ろうと思います。一人一人との出逢いと繋がりを大切にし、日本では知れない文化を沢山教えて貰おうと思います。そして三つ目に、初めて10ヶ月もの間親元を離れて暮らすことになるので,その生活を通して、卒業後社会に出ても困らない自立性をしっかり身につけるつもりです。

留学中の体験

あっという間に五ヶ月が過ぎました。留学もすでに折り返し地点です。この五ヶ月間で沢山の学びや出来事、そして出逢いがありました。一番の喜びは世界中の国からやってきた、異なるバックグラウンドを持つ友人を作れたことです。日本にいるときからずっと思い描いていた夢の一つでした。彼らとの会話を通して日本とは違う考え方や生き方を知り、日本だけに留まった自分の世界を広げることができました。何よりパースで彼らと時間を過ごすにつれ、「自分らしくいられる幸せ」を見つけることが出来ました。日本にいたときは周囲の目を気にして生きることが多くて、正直息苦しかったです。けれども、彼らの自由な生き方、周囲を気にせずにそれぞれが思い思いに自分の人生を楽しんでいる姿を見て、私もそのような生き方が身に付くようになりました。飾らないありのままの、素の自分を受け入れてくれる彼らのおかげでこの五ヶ月間はかけがえのない時間になりました。感謝でいっぱいです。
前期の授業はあらゆることが初めての挑戦だったので、授業開始直後は大変でした。けれども先生やクラスメイトに助けを求めることで授業について行き、そして楽しむことができました。私は前期に交換留学生向けの英語クラス、フォトグラフィー、社会学を履修しました。どれも興味深い物ばかりで、自分の知識を深めることができました。
時間は本当に限られているのだと日々痛感しています。だからこそパースでの残りの日々を悔いの無いものにするよう、全ての瞬間を全力で楽しんでいきます。

留学の成果、将来の目標