HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

平成29年度『受入』

  • 氏名:P.G [ 中国 ]

  • 受入期間:2017年04月10日 ~ 2018年03月02日
  • 受入大学:兵庫教育大学
  • 在籍大学:華南師範大学


留学のきっかけ、目的

私は昔からずっと日本に留学したいと考えていました。大学に入った時に交換留学生というプログラムについて知りました。私の専門は地理と環境です。私は環境技術が進んでいる日本で勉強したいと思い,インターネットで兵庫教育大学について調べたところ,自然系コース(理科)の分野があるのを見つけ,ますます留学したいという思いが強くなっていきました。地震や火山などの自然災害や環境問題に興味があるので,将来日本の大学院でその方面の研究をしたいと思っています。また,日本語や日本文化も好きです。日本での留学を通して,日本語能力も向上させたいと思っています。

留学中の体験

兵庫教育大学に来てからもう8ヶ月、たくさん初めての経験ができました。指導教員の竹村先生、チューターの泰葉ちゃん、地学教室と自然系の皆さん、フレンドシップファミリーのご家族たち、そして国際交流チームの皆さんは優しくて、色々なお世話になりました。
授業は日本語で、最初はちょっと苦手でしたが、今はもう慣れて、日本語能力がとてもアップしました。竹村先生と泰葉ちゃんとは毎週ゼミをやっていて、そのお陰で日本の文化も深く理解できました。
日本の生活にも慣れました。平日は自分で料理を作ることが多いので、自己管理もちゃんとできるようになりました。時々フレンドシップファミリーの家族と遊ぶ時も、日本の家族の温かさを感じています。
本当にここに来てよかったです!あと3ヶ月しか残っていないので、今までよりもっと大事に毎日を過ごしたいと思います。

留学の成果、将来の目標

兵庫教育大学に来て本当に良かったです。ここでたくさん初めての経験ができました。初めて日本に来て、初めて日本語の授業を受け、初めて日本を旅行し、初めて馬刺しを食べました。
ここで、指導教員の竹村先生と、チューターの泰葉ちゃんと、地学教室と自然系の皆さんとフレンドシップファミリー、そして国際交流チームの皆さんは優しくて、この一年間に色々なお世話になって、本当にありがとうございました。
この前一度財布をなくした事がありました。財布にはいっぱい大事なものが入っていたので、あの時の私は本当にどうしたらいいか分かりませんでした。幸いタクシーの運転手さんと警察の方と国際交流チームの人達が助けてくれて、最後に財布が見つかりました。
この一年間に兵庫教育大学で習った内容は、私の母国の大学での専門とずいぶん違いましたが、自分の興味で授業を選ぶことができたので、もっとやる気が出て、楽しかったです。
日本での暮らしにはもう慣れました。平日は自分で料理を作ることが多いので、自己管理もちゃんとできました。時々フレンドシップファミリーが私を招待してくれて、日本でも家族の温かさを感じ、あまり寂しくありませんでした。
今度は大学院生としてまた日本に来たいです!日本が大好き!