HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

2018年年度『受入』

  • 氏名:L.H. [ 韓国 ]

  • 受入期間:2019年01月21日 ~ 2019年02月03日
  • 受入大学:甲南女子大学
  • 在籍大学:淑明女子大学校


留学のきっかけ、目的

去年留学に行ってきた友達の推薦で調べることになった。学校で学んだことを直接体験することができ,多くの日本人友達を作ることができ,日本語に対する恐ろしさをたくさん克服することができると言ってくれた。私は日本にたくさんの興味があったが,日本語が難しいという思いでたくさん怖かった。しかし今回のきっかけで日本語に対する恐ろしさを乗り越え,もっと興味を持つことができそうなので留学を決心するようになった。

留学中の体験

研修で体験したのは,様々な特別講演,文化体験,観光,宝塚鑑賞など多様だった。特講はパイプオルガン演奏,日本の漫画,日本の漫画,アニメ,宝塚歌劇,神戸都市作りなどだった。私はこの中で宝塚歌劇に対する特講が一番印象深かった。講演を通じて宝塚歌劇について学んだ後,実際に宝塚歌劇を鑑賞したからだ。実際に鑑賞した歌劇は説明と映像を通じて接したことよりはるかに楽しかった。茶道や生け花,関西料理体験のような文化体験も,韓国の学校では経験できない大切な機会であった。何よりも韓国に関心が高い日本人の友達と交流したことが一番良かった。お互いの文化に関心があったからこそもっと親しくなったと思う。

留学の成果、将来の目標

研修は全般的に満足だった。何よりも学校で学んだことを直接体験できたということが一番良かった。ホームステイも茶道と生け花も研修がなかったらやってみられなかっただろう。また,日本語に対する不安が消えて,自信ができた。 短い時間だったため,日本語実力の上昇は期待できなかったが,日本人の友達と直接話し合いながら日本語に対する自信と興味がもっと生じたようだ。今回の経験を通じてこれから日本語をもっと熱心に勉強して,日本に対してもっとたくさん勉強しようと決心するようになった.