HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

平成30年度『受入』

  • 氏名:P.T [ アメリカ ]

  • 受入期間:2018年09月06日 ~ 2019年05月31日
  • 受入大学:甲南大学
  • 在籍大学:イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校


留学のきっかけ、目的

高校一年生のころに、世界の本当な大きさが分かる始まったと思う。つまり世界には色々な人や考え方があるし、新しく学べることがたくさんあるし、新しい経験が出来ることがたくさんあるのを気が付いた。それで、大学生の時に留学することにした。実は、アメリカのイリノイ大学は留学のプログラムが多いため入学した。

それでも、その前に他の国や外国語や文化に興味が持つようになっていた。高校生の時スペイン語と中国語を勉強して楽しかった(私の高校は日本語の授業がなかった)。アメリカではスペイン語を使う人が多いから、少し知っていると便利だと思う。中国語は一番難し外国語らしいだったから、中国語のクラスを取ってみたかった。一番好きな授業になった。中国について習うのが好きだったので、大学に入って東アジアの文化を専攻することにした。他の国について習いたかった。そうして、入学前に、大学で勉強したい外国語がまだ決まっていなかった。でも、アドバイザーは日本語の先生だから、初めて会った日に日本語の授業と甲南大学の留学について教えられた。その日から日本語を勉強することになった。

子供のころから、日本の色々なものが好きです。たとえば、スタジオジブリの映画とか、ニンテンドーのゲームとか、マンガとか好き。育っている間に歴史も文化も好きになった。だから、好きな物が来た国の外国語を勉強したいと思って、日本語に興味を持つようになった。私の日本語が上手になるために、留学したかった。外国旅行をしたことがないので、留学はいいチャレンジだそうだった。日本で留学する間、もっといい人になれるし、もっと主体的な人になれるし、頭が柔らかくなることが出来ると思う。それが私の留学のきっかけだ。

留学中の体験

留学の成果、将来の目標