HUMAP  兵庫・アジア太平洋大学間ネットワーク Hyogo University Mobility in Asia and the Pacific

平成30年度『派遣』

  • 氏名:平山 太基 [ 日本 ]

  • 受入期間:2018年09月03日 ~ 2018年12月07日
  • 受入大学:ニューサウスウェールズ大学
  • 在籍大学:関西学院大学


留学のきっかけ、目的

私が2つの理由で、留学に行くことを決意しました。1つ目は、昨年の夏1ヶ月間マレーシアに語学留学した時、英語に対する追求意欲と短期間留学の物足りなさを感じたからです。実際にマレーシアで英語を勉強したことで、自分の中で外国人と英語で話すという壁がなくなりました。また、ListeningやLeadingのスコアも向上し、TOEICでは640点まで伸ばすことができました。しかし私はそこで、もっと英語を使って外国人とコミュニケーションを取れるようになりたいという意欲と、TOEICのスコア800点を獲得したいという目標ができました。そのためには、短期間の語学留学では足りないと思い、より長い期間留学を行い、かつインターンという実用的に英語を使う環境に身を置くことができるオーストラリア海外インターンシッププログラムに申し込みしました。2つ目は、日本とは異なる文化の地に長期間身を置き、私自身がどのように文化に適用ができるのか、どれくらい人間関係を構築できるのかを試してみたいと考えたからです。言語も通じない中、その土地や人に適応していくことは難しいことではありますが、大事な経験だと思います。

留学中の体験

留学中の体験として、2つに分けて書いていきます。1つ目はUNSW期間中の気づき。UNSWでは基礎的なレベルから、ビジネスレベルまで幅広く英語を勉強しました。その中で気づいたことは、色々な国籍の生徒がオーストラリアに来て勉強しているのだなということです。多国籍文化のこの国は、私が想像していた以上にダイバーシティでまたそれを受け入れる文化もあります。日本は閉鎖的で自国の中だけでもやりくりできますが、私は視座を高めて、常に世界に目を向けていく必要があるなと痛感しました。2つ目はインターンシップでの気づき。様々な仕事を体験させてもらった中で電話対応が私にとって困難でした。どうしても相手の言葉が聞き取れないのです。そこで私は2つのことを実行しました。電話対応でよくあるケースをパターン化したこと、上司に私の対応はどうだったか常にフィードバックをもらったこと。この2つを徹底的にこなすことによって、3週目には完璧に対応できるようになりました。困難に直面したとき、どのようにプロセスを立てて対処するかが大事なことなんだと気づきました。

留学の成果、将来の目標